想いのまま

永遠の片思い・病気の事・イロイロな事を綴ります。

4、異常あり再検査(滝汗)

そういうのが 4,5年続いて
そして、受診の度に医者が出張医。
それが、この病院のやりかたかー(笑)


卵巣チェックされ、子宮頸がんの検査され。
子宮頸がんの検査は、1年に1度でした。
卵巣は、また数ミリ大きくなってました。


子宮頸がんの結果は、
いつもは、3日後くらいに検査の結果が郵送されて来るのに
5日後くらいだったかな????
郵送されてきたのは。


「異常あり。至急予約を入れて来院してください」


えっ??????


私は、簡単に考えていたのか他人事だったのか出張医だし
何かの間違えだと思いつつも
翌日に病院の予約の電話。。。。


流石に、いつも1ヶ月待ちとか当たり前なのに
○日空いてますよって対応も超はやっ!!


その日、女医でした。
とても無表情な方で、淡々と説明をし怖い感じの女医でした。


女医 「詳しい検査が必要ですね。次回はいつ来れますか?
   ちょっと痛みの強い検査なので、その日は検査後
   予定を入れないほうが良いかと思いますよ。」


私  「麻酔はしないですか?」


女医 「するまでの痛さでは無いから大丈夫。大丈夫」


その日は検査の予約をして、帰りました。


===============================


検査の名前は、コルポ診って名前だった。
私は、その日にネットで調べまくった。
その検査の手順やら仕組みの知識を頭に叩き込んだ。


「痛かった」 「終わった後に違和感が」 「見えないから恐怖だった」
何ヒトツ安心する言葉が見つからなかった。


でも、検査の日にちは、どんどんせまってくる。
精神的に追い詰められてくる。
考えただけでも、涙が出てくる。


私は痛みに苦手な人間で、注射が大嫌いな人間!!



検査当日
その女医のが主治医になっていた。
私は。検査前なのに、その女医を見ただけで泣いた(笑)
本当に怖くて怖くて、どーにもならなかった。


いざ、処置室へ。。。。
泣いてる私に


女医 「大丈夫だよ。力を入れると痛みが強くなるから力を抜くほうが
   良いから、楽にして。始めますね」


力を抜いてって言われたって、カーテンの向こう側で何をやってるか
分からないから、恐怖感が半端ない。
力が入る、入る。 力なんて抜けないって。


はい、検査スタート・・・・


痛いは痛いけど、我慢出来る痛さじゃん。
なんだーネットは大袈裟だったんだ。


女医 「大丈夫?今の1回目で4回しなきゃ駄目なんだけど」


私  「大丈夫です。」
 
それで、4回何かをされたけど、想像が凄かったから
全く我慢が出来る痛さだった。


検査が終わり
女医 「止血の為にガーゼを入れておいたから、夜に自分で引っ張って抜いてね
    今日はお風呂は駄目だからね。シャワーだけね」って。


検査結果を聞く為に次回の病院の予約をいれました。


検査が終わり、痛み止めの薬が処方されて帰宅。
薬のお陰なのか、痛みは全くありませんでした。


そして、夜にそのガーゼを抜かなければ・・・・・・
引っ張りやすくしてくれてました(笑)


引っ張りました。
でも、引っ張っても引っ張っても終わりが無く。
まるで手品をしているような感じでした。
終わりのないガーゼ、、、、、
どうやって、こんな長いガーゼを入れたんだろ?
医者って凄い。



つづく



追記 痛みは、人それぞれだと思います。