想いのまま

永遠の片思い・病気の事・イロイロな事を綴ります。

5、検査結果と父親

数日後、検査結果を聞きに。


女医 「簡単に説明をすると、早期発見。
   子宮癌になる1歩手前なの。手術をしなければ癌になるの。
   でも、とても進行の遅い癌だから、1年は要観察で大丈夫だと思うから
   覚悟や日程をある程度決めておいて。半年後にもう1度検査を受けに来て
   下さい。」


え?そんな悠長な事を言ってて言い訳?
でも、凄く安心しました。
覚悟?私は一生覚悟なんて出来ないって思った(苦笑)
産まれて今まで、1度も手術した事ないし。



====================================


半年後、定期検査へ。


女医 「覚悟はどう?」


私  「仕事も忙しくて、覚悟も出来なくて(滝汗)」


女医 「例えばね。歩いてたとするでしょ? 1歩先に進んだら癌なの。
   だから、今この状態で見つけたのは早期だったの。
   今度の定期検査までには、日にちを決めて来てくださいね(怒)」


いつになく、怒ってました。
口調が滅茶苦茶怖く・・・・普段でも怖いのに。
でも、腕は良いと思う。
全ての検査は、激痛もなく我慢が出来る痛み。
この女医を本気で怒らせたら、駄目だって思いました。


もう精神的に追い詰められるし、会社には、その事を話していないし
メンタル相当パニックでした。
イヤな事から逃れる為に必死でした。


覚悟しなきゃ。
早期発見だったんだ。
プラス思考に考えよう。


って覚悟を決め掛けた時に


まさか、想像もしていなかった。





          父親の死





父親が病院に運ばれた日、私は定期健診の日だった。
もちろん、定期健診に行くつもりもなかった。
そして、行ける自信もなかった。



でも、ふと思った。
父親が凄い心配をしてくれてた事。
行って、直ぐ検査してもらって、直ぐ帰って来る。
家族のみんなも、自分の身体も大事だからって。
そんな状況で定期検査に行って来ました。




つづく