想いのまま

永遠の片思い・病気の事・イロイロな事を綴ります。

7、12月クリスマスイブ

父親の死から、だいぶ落ち着いて
今度は、自分の身体。


会社には、言いました。
1人が、凄い凄い心配症の人で。意外でびっくりしたー


私は、父親の死の悲しみから、まだ元気になれてなくて。。。
手術の覚悟も、どうでも良くって。
感情線が何処かへ行ったような感じでした。


その心配症の人から電話が来て。
「病院行ったの?」って。何度も何度も催促の電話が来て。


なにをどうしたのだろうか
クリスマスイブに病院へ~


女医 「体調はどう?落ち着きました?覚悟は決めて来ました?」


私  「はい。会社にも言って許可を貰いましたので大丈夫です」


女医 「最短だと来月に空いてるわ。午後からにはなるけど」


私  「気が変わらないうちに、その日予約して帰ります。」


女医 「大丈夫。難しい手術じゃないし、直ぐに終わるから。安心して」




その後、看護師さんに手術前の検査や入院の説明を受けて帰りました。




とんだ、クリスマスイブ。


プレゼントは、手術日決定かい?(滝汗)