想いのまま

永遠の片思い・病気の事・イロイロな事を綴ります。

8、入院から手術

術前検査 →心電図、血液検査、肺活量測定
そして、麻酔科へ。


そんなこんなで
入院する日になってしまいました。


1月。真冬で寒い日でした。


産まれて始めての入院、そして手術
半端ない緊張感。


手術の名前は、子宮レーザー蒸散術


でも、本当に女医が言っていたように、簡単な手術
入院も2泊3日だったから。


入院日
 安静に。
 明日以降のスケジュールの紙を渡される
 21時以降、絶食、絶水
 麻酔科の医者が明日の手術の説明に来てくれ
 女医も挨拶に来てくれ
 テレビ観ながら、ベットで横になる。
 21時前に看護師さんが来て、今のうち水分摂取してって。


手術当日
 二人部屋だったのですが、同室の方が朝イチの手術
 その人が戻って来たら、私の順番だと看護師さんに教えられた。
 早朝、看護師さんに起こされた。
 「点滴するから起きてね」って。
 ええええ???聞いてない。点滴??????
 「痛いけど、我慢してね」って。
 あとで調べたら点滴でも、相当な太針で長い。
 しかも、その看護師さん下手過ぎて大失敗して
 液漏れして腕が腫れてしまって。
 再チャレンジ。 腕が痛くて痛くて、タオルを顔に掛けて泣いた。
 そしたら、年配の看護師を連れて来て、二人で私の腕をみて
 コショコショ話。
 めっちゃ、不安になった。
 同室の人。なんの病気か聞いてないけど痛みに強い人だったと思う。
 声もあげないし、ひたすら寝ていた。 カーテンしていたから
 顔を合わせる事もなかった。


 同室の人が戻って来たら私の順番。。。。
 予定より30分早く終わったらしく戻って来た。


 緊張し過ぎて、吐き気。。。。。
 看護師さん、笑顔で「さぁ、次は〇〇サンね。頑張りましょう」って
 点滴の棒を押しながら、母親と3人でエレベーターに乗って手術室へ。
 ストレッチャーか車椅子でも良いから移動させて欲しかった。 
 自分で歩いて入るのは、本当に勘弁だった。


          いざ、未知の世界へ


キャップ被され、スリッパ履き替え、何か着たような?
手術室ってこんな仕組みにいなっているんだーってジロジロ見た。
ドラマのような感じだった。


手術台に寝てください って誰かに言われてた。
冷たく、そして幅が狭い。若干ブタなので落ちそうだった。


私が寝て直ぐに、右手に血圧計
左手には、麻酔を入れられ。


そして、女医が登場。
いつもは、白衣だったのに、その日は水色のキャップ被って
手術着だったから、凄い印象が違った。


女医 「〇〇さん、頑張ってね」って声を掛けてくれた。


麻酔のマスクを当てられました。


凄い臭くて、くっさいーーーーって叫んだら
1回外してくれて、「どうしましたか?」って麻酔科の医者。
「臭いんです」って言ったら
女医 「早く寝かせて(怒)」って。(笑)
例えで言うなら、雑巾の絞った臭いだったような?


そこから、全く意識がなく
〇〇サン、手術終わりましたよ!!って。


えぇぇええええええええええええ


ドラマで観たのと同じ。
本当にびっくりしました。


ストレッチャーで病室まで運ばれ ← この時は意識なし。麻酔が若干効いていた。
そして、ひたすら寝てました。


麻酔が切れた頃に、看護師さんが様子を見に来てくれて。


でも、その日の夜には、歩いてトイレに行きましょうって
看護師さん付き添いで、点滴の棒をガラガラ押して歩かされました。
そして、水を飲んでみようって。
水を飲んで違和感有るか無いかの確認をされて
違和感無かったので、夜飯Okでした。
でも、吐き気して食べれなかったような? 記憶が曖昧。


看護師さん 「痛みが強くなったらナースコール押してね」って。
ジワジワ痛みが。
寝る時間には、痛みが増して。
でも我慢出来るしなぁって思って寝てたら看護師さんが来て
体温を測ってくれて。そしたら、高熱。
座薬差してくれて、氷枕持って来てくれて。感謝(^人^)
そのまま寝てしまいました。
痛みより、睡魔のほうが勝っていたと思います。
点滴は、いつ外されたのだろう?(笑)
気が付いたら外されていました。



退院の日
 その日は、朝から普通にご飯を食べて
 術後の傷を診察して大丈夫そうなら退院して良いと話。
 その検査、、、、、痛かった。
 言葉では言えない位の痛みだった。
 ん~傷に塩を擦り込まれた? 大袈裟かもしれないけど
 手術前の失敗点滴と同じくらいの激痛。
 でも、全てを終わらせるのなら、我慢が出来る痛さ。



そして私は人生初の2泊3日の入院生活を終えて
無事に退院出来ました。


女医や看護師さんに言われた共通の言葉
「〇〇さんって痛みに強い人」だそうです。


泣くし、びびり凄いし、どうにもならないです。
痛みや我慢は、人それぞれなので、何とも言えませんがね。
おまけに、注射大嫌い。


同じような手術をされる方に参考になれればと思います。


私は当時ブログやネットで調べて調べて
実際、手術した方のブログを読みましたが
でも、その方と全く思う気持ちが違いました。


恐怖感は、それは共通してました。